葛の花で画期的なダイエット、葛の花の力をご紹介!
葛の花.com
堀 容優子
Hori Yoko
堀 容優子

1994年よりフリーライター。雑誌や単行本の執筆経験を多数持ち、特に美容・ダイエット系に強い。自らもランニングやヨガ、顔のマッサージなどを実践している。日々の生活を楽しむのが大好き。
みなさん、一緒にきれいになりましょう!


03_葛の花はなぜダイエットに効果的なの?
Chapter1
 葛の花がダイエットに効果的とはいえ、アジア南部にしか自生しないのではなかなか手に入れることができません。
 でも大丈夫!このたび葛の花を原料としたダイエット食品として登場してきたという情報を得ました。何よりうれしいのは、その原料となる葛の花はアジア南部の自生種を採取したものなので、農薬などの心配がないことです。安全性の高さは折り紙つきです。
 そしてその成分を調べてみたところ、花から抽出したエキスの主成分として7種類のイソフラボンと3種類のサポニンが含まれていることがわかりました。
 イソフラボンとは活性酸素など体にとって害になるものを除去する作用で知られる植物ポリフェノールの一グループで、マメ科の植物に多く含まれています。
 イソフラボンは女性ホルモンを補うほか代謝をアップしてダイエットを促す作用も持っています。
 7種類ものイソフラボンが含まれているこのエキスが、高いダイエット効果を持っているのはもっともなことといえるでしょう。
 またサポニンは水と油の両方に溶ける性質を持ち、血管壁についたコレステロールを除去したり、血液中の脂質を減らしたりする作用を持つことがわかっています。
 肥満だけでなく、動脈硬化の予防やアンチエイジング、コレステロールの抑制、血行促進など、健康面でさまざまな働きをする成分です。